おざく坂と呼ぶそうです。
場所はJR青梅線・小作駅の南西側に位置する小作緑地公園の南側に隣接している都道沿いにあり、西から東側へと上っている坂道です。

小作坂(NO.355)1
写真1

まずは坂下あたりから坂上方向を見たものなど。(写真1)
左側の小作緑地公園の擁壁がカーブに沿ってきれいに整備されていて、なかなかの坂道風景でした。
丸や楕円に近い形の石が不規則につまれていて、けっこう意匠性の強い擁壁だったかもですね。

ちなみにこのすぐそばには、坂の案内看板もあって、そこには小作坂ではなく「鳩胸坂」と書かれてありました。
これは坂の頂上近くが急で鳩の胸に似ているからだということみたいです。

なので、ここは小作坂でもあり鳩胸坂でもあるということになるんですかね。
ただこの坂道の坂上と坂下の交差点には小作坂(坂上&坂下)という標識があるので、小作坂がメインで別名で鳩胸坂と呼ばれていると言ってもいいとは思いますけどね。

小作坂(NO.355)2
写真2

もうすこし坂を上り、坂下方向を見てみました。(写真2)
道路のカーブ具合と擁壁の高さ具合がなんともいい感じで調和していましたね。
小作緑地公園の樹々もいいですし、左側が開けているのもいい感じです。

小作坂(NO.355)3
写真3

一気に坂上あたりまできてみました。(写真3)
風景的には写真2と同じ感じでしたが、この道路、これまでの写真では車が少なめに写ってましたけど、実は交通量多めの道路で、ぼくが歩いているときもだいたいこんな感じで車が列をなしていることが多かったですね。

小作坂(NO.355)4
写真4

写真3の左側に広がっている風景もぱちりと。(写真4)
山の稜線と街並みがいい感じで見えていました。

ちなみにこの風景みて感じた方もいるとは思いますけど、この写真を撮ったのは今年の寒い時期だったので、道路横の樹々も枝だけですけど、いまの時期なら緑で溢れていてこのときほどは景色が見渡せないかもしれないですね。

小作坂(NO.355)5
写真5

こちらは上記でもすこし取り上げた坂上あたりの交差点に設置されていた交通標識です。(写真5)

小作坂(NO.355)6
写真6

最後はおまけというか例外的に、3年くらい前にも実はこの坂道を歩いていたんですけど、そのときに撮った坂下あたりにあった案内看板も載せておきます。(写真6)
実は今回歩いたとき、看板看板があることを忘れていて取り忘れてしまったのですよ。(汗)
ですので案内看板はいきなりなくなったりすることもあるので、いちおうお知らせする意味でも、過去の写真ということで載せておくことにしました。

そんなわけで、せっかくなので案内看板に書かれていたことを抜粋しておきますよ。
『この坂の名称は、頂上近くが急で鳩の胸に似ているからだと言われています。 この辺りには、たくさんの長く急な坂がありますが、この坂はいくつかの街道や小作の駅に結びついて利用が多かったようです。
かつては、上の畑に通うために、朝早くから重いたい肥などを運ぶ荷車の音や、掛け声が村中にこだまし、当時の人たちが、汗をふきふき荷車とともに登った苦労がしのばれます。
小作の人たちはもちろん、多摩川南岸の人たちも、この坂を登り武蔵野台地を踏んで江戸へ、あるいは霞丘陵を越えて秩父、 上州路へと歩みを進めたことでしょう。  平成元年二月 』
とありました。
ちなみに、看板の左下に書かれていたであろう”羽村市教育委員会”という文字は消されていました。(まあうっすらとは見えるんですけどね。)

ということで、今回はこんな感じです。


地図
羽村市羽西2丁目あたり