1ヶ月ほど前ですかね、新宿御苑のそばを通ったら、前から気になっていた道路工事中の場所が、だいぶできていましたよ。


新宿御苑の北西を通るバイパス1
写真1

こちらはタイトルにもあるとおり、新宿御苑の北西を通るバイパス(=混雑する主要道路を避け、迂回して設けられた道路)の工事であり道路風景ですかね。
世界堂新宿本店がすぐそばにある新宿二丁目交差点側から南西方向をみたものですね。

たまにそばを通ると、おー、できてるできとる(^^)、と思っていたのですけど、だいぶ道路らしい感じになっていましたね。

あとここは、写真ではわかりにくいですけど、地下に潜るタイプの道路なので、ちょうど道路真ん中に設置されているフェンスのあたりから奥に向かって坂道になっている場所でもあるんですよね。そして風景的にもドコモビルがどどんと見えてなかなか印象的な場所でもありますかね。


新宿御苑の北西を通るバイパス2
地図

Google Mapsさんの地図を拝借してこの道路の位置関係をみてみると、緑の文字でココと示している青のラインが今回の工事中の場所にあたるみたいですね。写真1の風景だけみるとかなり壮大な感じで、どんな道路だと思ってしまいますが、けっこう短い区間だったんですね。

ちなみに、この道路について調べてみると、日本経済新聞の記事でも取り上げられていて、計画が決まったのは約78年前で、最近の計画では2020年の東京五輪にあわせて開通するように進められていたみたいです。
しかも、国交省の2008年の試算によると、この道路ができることで、2000億円以上の経済的な効果が見込まれるということ。
たった800mの道路なのにびっくりですね。

ただまあこのあたりをよく歩く身としては、たしかにこの工事中の道路の北西側を並走している明治通りはけっこうな割合で渋滞していて、通り沿いの店もゆっくり見る気分もそがれがちですから、今回の道路のインパクトは感覚的に見てもわからないことではないかもしれないですけどね。


新宿御苑の北西を通るバイパス3+
写真2

最後は、1年ほど前に新宿タカシマヤの屋上に定点観測に行ったときに(笑)、撮ったものなど。

右下あたりに新宿御苑の樹々が見えていてそちらに視線が行きがちですけど、実は今回の工事中の道路も写っていて、写真2でいえば、写真中央下から左斜上に走っている道路がそれですね。
地図で見るよりもかなり新宿御苑のきわを走っているように見えますし、これはいろんな意味で計画もたいへんだったろうなあなんて思ってしまいましたね。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。

地図
新宿区内藤町あたり