すこし日にちが過ぎましたが、LINEトラベルjpの記事「江戸時代から存在するネッコ坂と原宿・表参道の路地裏めぐり」にて、ネッコ坂を取り上げてみました。

この坂はタイトルからもわかるとおり、すでにこのブログでも取り上げている坂道です。
ただ今回はLINEトラベルjpの記事での公開ということだったので、ネッコ坂だけを取り上げるというのではネタ不足ということもあり、周辺のスポットもあわせて調べてみると、現代建築以外にも興味深い場所がいくつかあったので、なかなかな散歩&取材となりましたね。

あとは、ネッコ坂だけを見ても古い建物がだいぶ建てかわり雰囲気も以前とはだいぶ近代的になっているところも多かったですかね。


ということでここからはいつものおまけ写真でも。


ネッコ坂(NO.171)その2-1
写真1

LINEトラベルjpの記事にも載せたネッコ坂の坂下あたりの風景です。(写真1)
これは、以前のネッコ坂(NO.171)記事の1枚目のコインパーキングがあったあたり(今はおしゃれな建物になっている)から、坂上を方向をみているものですね。
こうしてみるとコインパーキングの看板がなくなっただけでもだいぶ雰囲気が変わったようにみえますね。


ネッコ坂(NO.171)その2-2
写真2

こちらは、表参道の渋谷川近くの歩道橋を歩いているとちょうど走っているところに出くわしたのでぱちりと。(写真2)
なぜだかわかりませんけど、路上でこのカート集団をみると撮影したくなってしまいますね。(笑)


ネッコ坂(NO.171)その2-3
写真3

こちらはキャットストリートの写真です。(写真3)
右側に写っているのが、建築家の妹島和世氏設計による商業施設なのですが、当時は高級インテリアショップが入居していたと思うのですが、今は古着屋のお店になっていましたね。
中の経年劣化具合と古着屋の中古感が意外と悪くない組み合わせで、妹島氏が設計した建物はテナント次第で外観のイメージも高級から庶民的なものまで雰囲気が変化する建築だなあと思ってみたり。(ちなみにこれが安藤忠雄さん設計の建物だと、中のテナントによらず高級な感じに見えてしまうと思っています(というか思い込んでいます、笑)。)


ということで、現地ではいろいろ写真は撮ったのですが、ネッコ坂とは直接関係ないものがほとんどですので、今回はこれくらいにしたいと思います。