一週間くらい前ですかね、虎ノ門でbirdさんのイベントライブを見にいくついでにひさびさに近くにある愛宕神社の階段坂にも行ってきました。

愛宕神社の階段坂といえば、過去にこのブログでもとりあげていますし、みちくさ学会の記事でもとりあげてますので、詳しくはそちらをみてもらうとして、今回はなんといっても暗くなってからの愛宕神社に訪れることができたことですかね。


愛宕神社の男坂を夜にぶらりと1
写真1

そんなわけで、まずは愛宕神社の参道でもある男坂を坂下より眺めてみました。(写真1)
けっこう不気味な感じでもあり、なんとも渋い雰囲気の写真が撮れました。

ちなみにこの時はまわりに人は殆どいなかったのですが、帰りにここを通った時はなぜか人がたくさんいましたね。
ポケモンかなにかだったのかな。


愛宕神社の男坂を夜にぶらりと2
写真2

写真1とだいたい同じ位置より右側をみると、高層ビルがどどんと見えていますけど、これが虎ノ門ヒルズですね。(写真2)
なので、かなり近いですよね。


愛宕神社の男坂を夜にぶらりと3
写真3

そして、坂上からの写真も。(写真3)
写真ではけっこう明るく写ってますけど、現地ではけっこう暗かったんですよ。。
さすがにこの傾斜で、まわりが暗いとかなり怖いですね。
途中からは手摺に頼りながらでないとのぼれないくらい足がすくんでしまいました。


愛宕神社の男坂を夜にぶらりと4
写真4

愛宕山の頂上でもある愛宕神社の境内をぶらぶらしてみると、顔はめパネルがあったので思わずぱちりと。(笑) (写真4)
ちなみに、この階段の坂上からは眺めがいいこともあり、大河ドラマ「西郷どん」ではでてきませんでしたが、明治元年の江戸城無血開場前に西郷隆盛と勝海舟がここからの眺めを見ながら会談したことでも有名ですよね。(あとで知ったのですが境内には二人の顔はめパネルもすぐそばにあったみたいですが、気が付きませんでした。。)


愛宕神社の男坂を夜にぶらりと5
写真5

最後は、この日の目的地でもあった虎ノ門ヒルズの大階段でも。(写真5)
この大階段をつくりたいためにエントランスを一段高いところにしたのか(まさか・・・、笑)、それともただ単に地形的な要因でこうなったのか。
またそのうち調べてみますかね。


ということで、今回はこんな感じです。