所在地:目黒区八雲3-4あたり


(引き続き、目黒区の個別の坂道の話です。)


ばけ坂と呼ぶそうです。
場所は、八雲の住宅街の中にあり、目立った施設がないので説明しづらいのですが、前に取り上げた「しどめ坂(NO.273)」の坂下の道をそのまま北に数分ほど歩くと、今回の化坂の坂上あたりにやってきます。


化坂 (NO.275)1
写真1

では、まず坂上からの景色でも。(写真1)
見てのとおりなのですが、ここからではかなりわかりにくいほどの緩い傾斜の坂道だったのですよ。しかも、まわりは住宅街で坂下までまっすぐな道ということで、坂道景色的には閑静な住宅街によくみられるまちの風景という感じでした。

ただ、そうは言っても写真1の左側にも見えているとおり、ここには都内の坂道によくみられる坂の碑が設置してあったので、やはりここは昔からある坂道なのですよ。
そんなわけで、いつものように坂の碑の内容を抜粋するとですね、
『元の化坂は耕地整理のため消滅している。武蔵野台地の斜面に多い赤土層に砂礫層が露出し、湧水が出る所を「はけ」といった。それが転じて化坂となったといわれる。またこの坂が、衾と深沢の境を分けるので「分け坂」とも呼んだという。』
とありました。

なるほど、このあたりはやはり耕地整理されていたのですね。
どうりでまっすぐな道だったわけですね。
ということは、この道は、昔の坂道とはすこし場所が違うということでもあるわけですね。(汗)

坂の名前については、「武蔵野台地の斜面に多い赤土層に砂礫層が露出し、湧水が出る所を「はけ」といった」とあるとおり、地形由来だったのですね。
しかも、このあたりから湧水が湧き出ていたとは。
なお、「衾と深沢の境を分ける」とある、この”衾(ふすま)”は、目黒区のHPによると、碑文谷とともに、目黒の歴史を語るとき欠かすことのできない、目黒の代表的な地名の一つだったそうです。そして、昭和39年に新住居表示が実施され、衾という町名も姿を消すことになったそうですよ。

あと、いつもお世話になっている「東京の坂道」という本には、「目黒大観はこれを(略)化坂の称呼は何に因由するものか、文字通り怪異があったと云ふせつが最も多い。」とも書かれてありましたよ。
たしかに、「化」→ばける、と想像しがちで、本の説明にも怪異とあるとおり、怪異は化け物や妖怪などを意味する言葉なので、そういう怪奇話がでてきてもおかしくないかもですね。
どろどろどろ〜。ひゅー。とんとんとん。きゃー。(夏らしく、笑)
(ちなみに、目黒大観とは、昭和のはじめに刊行された書物です。)


化坂 (NO.275)2
写真2

すこし坂をくだったあたりから、坂上方向を見てみたものです。(写真2)
ここからだと、勾配具合がわかりやすいんじゃないですかね。


化坂 (NO.275)3
写真3

そして、一気に坂下あたりまできて、坂上方向を眺めてみました。(写真3)
写真的な見た目は、はじめにもいいましたがよくある落ち着いた住宅街という感じでしたかね。


化坂 (NO.275)4
写真4

ただですね、写真3の右側に、こんな感じの風情のある入口の茶屋があったのですよ。(写真4)
なんでも、看板をみると「八雲茶屋」というそうです。
散歩当日は、店が休みだったので、中には入れませんでしたが、かなりいい雰囲気の休憩処という感じでした。
帰ってから調べてみると、HPもありましたよ。
ただそれを見る限りでは、服装規定があるなどなかなか敷居高そうな感じにも思えましたが、今回の坂道沿いにぽつねんとあることや小規模な展覧会もやっているようですので、応援がてらHPをリンクしておきますので、気になる方はどうぞ。
→『八雲茶寮


あ、あとですね、これも「東京の坂道」の情報なのですが、この坂下あたりで、都立大の調査班により加曾利式土器が発掘されたそうですよ。
そのため、このすぐ東側を、呑川駒沢支流が流れていることからも、呑川沿いに先住民が生活したことがわかったそうですね。
なお、なぜ調査したのが都立大学だったかというのは、諸説あると思いますが、やはりこの坂の最寄り駅が都立大学とあるとおり、かつてこのあたりに都立大学があった(1991年に敷地が狭くなったことなどから、現在の多摩ニュータウンへ移転したのです)ことから、地域調査としておこなわれたのかなと予想しているのですが、どうでしょうかね。


ということで、今回は、こんな感じです。

地図:
目黒区八雲3-4あたり



(追記:この坂も草なぎさんが走った坂道なので、リストに追加しました。)