今回も、さきほどからそろそろ記事でも書こうかなと思いつつ、だらだらとネットを見ていたら「デジタルカメラマガジン 2015年7月号」の電子書籍が100円セールやってたので、なんとなく買ってみたらですね、182、183ページに、なんとあの日本坂道学会会長の山野勝さんの「江戸ゆるり坂道散歩」という連載が新しく始まっておりましたよ。

第1回目は、下目黒とのこと。
要はJR山の手線の目黒駅界隈の坂道ですね。
そういえば、このあたりは、数日前に猛暑の中、こっそり歩いたところなので、なるほどねーという感じだったかもです。
あと、いつもと違う点でいえば、こういう系の坂道本では、著者ご自身が撮った写真をのせることが多いのですが、今回は、カメラ雑誌らしく山野さんのものではなく、写真家の郡川正次さんによる坂道写真も掲載されていて、なかなか贅沢な記事でしたよ。
まだ第1回目しか見ていませんが、今後の展開を楽しみにしてみたいと思います。


デジタルカメラマガジン 2015年7月号


ちなみに、写真家の郡川正次さんのことをさらりと調べてみたら、なんと、この8月7日〜8月12日の期間に、新宿のオリンパスプラザで写真展をおやりになっているようですよ。

→『郡川 正次 写真展 「対岸/東京湾を挟んで」』
http://olympus-imaging.jp/event_campaign/event/photo_exhibition/150807_kohrikawa/

(しかも、このオリンパスサイト内の写真、パトレイバーの実写映画でのワンシーンでも、印象的な場面で使われていたものじゃないですかね。しかもしかも、そういう視点で見れば、デジタルカメラマガジンの表紙はあのレイバー乗りの女の子ではないですか。)



ここまできたらせっかくなので、カメラ雑誌つながりということで、ひと話題加えておきますが、アサヒカメラの今月号(2015年8月号)にも、写真家の小林紀晴さんによる中野区での坂道写真(名前がある坂かどうかは未確認です。というか、地形をコンセプトにした写真なのかもしれませんが、僕は坂道写真と見てしまいました)が数枚、川島小鳥さんの新宿区の坂道を背景にした写真が一枚(階段のものはどう見るかわからなかったので除外)掲載されておりましたよ。
なんというか、東京と坂道はきっても切れない関係なので、そんな写真を探していたらきりがないですよと言われそうですが、そういうことを探すのも僕の趣味でもありますし、いろんな方々の坂道への視点を再確認してみたいこともありますので。(笑)
ちなみに、アサヒカメラの今月号は「東京写真マニアック」という特集号でありまして、本屋で立ち読みしてたら、たまらずほしくなり購入してしましたよ。
あと、小林紀晴さんの坂道写真、僕の知る限り、実は今月号だけでなく、以前の号(2015年5月号だったかな)のアサヒカメラにも、湯島男坂の写真が掲載されていて、なんとも興味深かったので、そのこともいつか言わねばと思っていましたので、ちょうどよかったかもです。
最後に、余談というかどうでもいいことなのですが、小林紀晴さんのレクチャーをずいぶん前にとあるカメライベントでこっそり聞かせていただいた時に、その容貌が大学時代の友人とそっくりで、話し方まで似ていたので、当時はほんとうにびっくりしたことは、ここだけの話でありますですよ。(笑)



アサヒカメラ 2015年 08 月号 [雑誌]



ということで、なんだか余計なことまで言ってしまったかもですが(汗)、今回はこんな感じです。