今回も、国立競技場に隣接した明治公園界隈の話です。


明治公園と国立に挟まれた無名坂1
写真1
まず、いきなりですが、坂道の写真など。(写真1)
左側に国立競技場がちらりと見えていることからも、ここはちょうど国立と右側に隣接している明治公園に挟まれた道路というか無名の坂道だったりします。

ただ、この場所。
今、話題になっている国立競技場の建替話の中で、ネットなどで公開されている渦中の計画案を調べてみると(図面みただけですが・・)、この坂道は、建替にしても改修されるにしても、どうやら存続があやしいようなんですよ。
そんなことから、そのような場所に都内で出くわすのはなかなか珍しいことからも、すこし前にここを通った時にぶらりと取材してみたわけなのです。
なので、前回前々回の記事も、実はこの無名坂の途中にあった”埋蔵文化財発掘調査工事”という案内板も見かけたことから、ついでにあたりをうろうろしてみると、前から気になっていたこととあわせていろいろな発見があったので、話を広げてしまったというわけなのですよ。


明治公園と国立に挟まれた無名坂2
写真2

そんなわけで、話を坂道のほうに戻しまして、写真1の場所の右側を眺めてみると、写真2のように明治公園内の広場と名付けられた場所が見えていました。
明治公園といえば、この場所を思い浮かべる人が多いのではないですかね。(僕もすこし前まではそうだったんですが・・・。)


明治公園と国立に挟まれた無名坂3
写真3

そして、一気に無名坂の坂上あたりまでやってきて、坂下のほうを眺めてみました。
坂下から見た感じより、高低差感があるかもですね。
ちなみに、表参道原宿エリアの情報「おもてサンド」なるサイトさんの記事によると、前回の記事の最後のほうでもふれたとおり、坂下の外苑西通りはかつては川だったという話につながるのですが、現在の坂下にある観音橋交差点(写真3では信号が見えている場所)のあたりに、交差点と同じ名前の「観音橋」なる橋がかつて架かっていたそうです。
なぜ観音橋かというと、この無名坂の東側に「聖林寺」なるお寺が、いまもあるのですが、そのお寺に由緒正しい観音様が祀られていたことから、この名が付けられたそうです。
(なので、この坂に名前をつけるとしたら、”観音坂”というのがいいかもしれないですね。)
しかも坂の途中に新宿区と渋谷区の区界が横切っているという割と珍しい事例もおまけについていたり。


明治公園と国立に挟まれた無名坂4
写真4

こちらは、さっきと同じく、坂上あたりから明治公園のほうを見てみるとこんな感じでした。(写真4)
これだけでも、なんかこのあたりが高低差のある場所だということが想像できそうなつくりかもです。


明治公園と国立に挟まれた無名坂5
写真5

あと、公園内にはものすごく斜めってる木が数本ありました。。(写真5)
なんでこうなったんですかね・・・。
実は、この木々、写真4でもちらりと見えていますので、興味あるかたは探してみてくださいな。


明治公園と国立に挟まれた無名坂6
写真6

いちおう、公園側から、さっきの無名坂の坂上あたりを見てみました。(写真6)
正面の立派な木に目が行きますが、右側の階段も、階段上と下が膨らんでいるちょっと変わったつくりをしていて、手すりの湾曲具合もかなりのもののようでした。


明治公園と国立に挟まれた無名坂7
写真7

最後は、写真2で登場した明治公園の広場側から、写真5ででてきた傾き樹木のほうを見てみました。(笑)(写真7)
とりあえず、ここから観察してみても、あの樹木がなぜあんなに傾いていたかは謎のままですが、こうしてみると、坂上と坂下で、正面の階段と写真6の階段をあわせた、けっこうな高低差(1階半くらい?)があったことはわかりやすいかもですね。

あと余談で、実は最近、再びこのあたりを通る機会があったのですが、そのときはすでに公園内の一部に囲いがつくられていたりと、取材したときとは違った雰囲気になっていましたよ。
(あれは遺跡の調査のためなのか、はたまた・・・。)

ということで、今回はこんな感じです。


地図
新宿区霞ヶ丘町6あたり