気がついたら桜シーズンも終わってしまったわけですが、ここでは今回も桜見物の続きです。

前回取り上げた桜坂 (NO.114)からすぐの場所に、2006年に取り上げたスペイン坂 (NO.66)があるわけですが、実はここも街路樹に桜が選ばれていたんですよ。
しかも、2006年で取り上げた時は、ブログ始めて間もない時だったこともあり、物珍しかったのか途中からアークヒルズの話になっているみたいだったので、今回はきっちり坂道散歩も兼ねてということで、タイトルのほうも”その2”ということにしてみました。


スペイン坂 (NO.66)その2_1
写真1

ということで、まずは坂上からの景色など。
見た感じでもけっこう勾配ありそうですけど、正面にみえている傾斜を示す黄色の案内板には11%という表示が記されていたので、9%の桜坂 (NO.114)よりもきつく、やはりそれなりの勾配具合のようですね。 


スペイン坂 (NO.66)その2_2
写真2

すこし坂を下り、さらに坂下のほうを見てみたものです。
このあたりは2006年にも撮影しているので比較がしやすいかもですね。
ちなみにアークヒルズは写真の右側にありますので、あしからず。


スペイン坂 (NO.66)その2_3
写真3

さらに坂を下り、坂上のほうを見てみました。
前はたしか、このあたりから東京タワーが坂上のほうに見えたと思うんですけど、その後、正面の高層ビルが新たにできたみたいで、今回は見えませんでした。。


スペイン坂 (NO.66)その2_4
写真4

次は、一気に坂下あたりまでやってきて、坂道を一望できるあたりで同じく坂上のほうを見たものです。
こうしてみるとけっこう距離の長い坂道だったんですね。


スペイン坂 (NO.66)その2_5
写真5

そして、さらに坂下方向にすこし歩くと、今度は前はなかった歩道橋(って言っていいのかな?)が、坂の上空を横切っていましたよ。


スペイン坂 (NO.66)その2_6
写真6

せっかくなので、その歩道橋をじっくり観察してみると、柱がえらいことになっていました。
なんだか樹木の枝のようですね。
しかもメタリックぽい赤。。

ちなみにこの歩道橋は、このブログでも2年ほど前に泉ガーデン界隈を取り上げた時に(とある街の風景(道源寺坂&行合坂))登場した建設中だったビルとアークヒルズをつなぐものみたいですね。
(実はこの歩道橋、とある街の風景(道源寺坂&行合坂)の写真2になにげに写っていたりします。)


ということで、今回はこんな感じです。


住所
港区六本木1