洞坂(NO.247)で、ちらりとでてきた東禅寺なるお寺、実は「東禅寺事件」と呼ばれているたいへんな事件がおきた場所だったんですね。
でもこのブログでは、そういう史実のある場所のそばを今までもたくさん歩いてきたわけで、今回も軽くスルーしようかなと思っていたんですけど、ふと気になることがありましてですね。
というのも、今の慶応大学そばの綱坂の幕末の写真を撮ったことでも知られているフリーチェ・ベアトさんというこれまた幕末に活躍した写真家の方がいたんですけど、その方が当時の東禅寺の写真をいっぱい残されているみたいなのですよ。
それで、ちょっとその紹介がてら、今回はめずらしくお寺の話などもまじえながら。


01_東禅寺今昔
写真1(長崎大学付属図書館データベースから拝借)

まずは、ベアトさんが撮った幕末の東禅寺の山門の様子を撮ったものです。(写真1)
門のまえに武士が3人いるのがなにやらぶっそうな感じですかね。



02_東禅寺今昔

写真2

ちなみに今の山門のまえには、こんな感じで「最初のイギリス公使宿館跡」と書かれた石碑が設置されていましたよ。(写真2)
(今回は、門の全景をおさめた写真はないので、後ろにちらりと見えている門の様子で想像してもらうしかないですのであしからず。)
あと、せっかくなので、このすぐ横に(写真2にもちらりと見えてますけど)こういう場所によくある案内板があったので一部を抜粋するとですね、
『東禅寺は、幕末の安政六年(1859)、最初の英国公使館が置かれた場所です。
幕末の開国に伴い、安政六年六月、初代英国公使館(着任寺は総領事)ラザフォード・オールコックが着任すると、東禅寺はその宿所として提供され、慶応元年(1865)六月まで七年間英国公使館として使用されました。その間、文久元年(1861)五月には尊王攘夷派の水戸藩浪士に、翌二年五月に松本藩士により東禅寺襲撃事件が発生し、オールコックが著した「大君の都」には東禅寺の様子や、東禅寺襲撃事件が詳述されています。
幕末期の米・仏・蘭などの各国公使館に当てられた寺院は大きく改変され、東禅寺が公使館の姿を伝える唯一の寺院であることから国史跡に指定されました。』
と、いくつか省いてますが、こんな感じで書かれていました。
なるほどー。



03_東禅寺今昔
写真3(長崎大学付属図書館データベースから拝借)

だからこそ東禅寺事件の現場を写したという、”東禅寺事件の現場”というタイトルの写真をベアトさんは残してしておいたんですね。(写真3)


04_東禅寺今昔
古地図(goo古地図より拝借)

こちらは見ての通り、東禅寺界隈の江戸時代の古地図です。
この地図をみてみると一目瞭然、右の大通りから東禅寺と書かれた場所に向かう道の途中に、写真1のような景色が広がっていたと思われます。


05_東禅寺今昔
写真4(wikipediaより)

またベアトさんはこんな写真も残していました。(写真4)
東禅寺の庭を撮ったもののようですね。
写真3のアングルと似てますけど、こちらは休日のひとときという感じがすごく伝わってくるもののようでした。
でもなぜこの視点で撮影できたんですかね


06_東禅寺今昔
写真5

あと東禅寺の境内には、なんと今も三重塔が残っており、おそらく幕末当時もあったものと思われますが、ベアトさんの写真には写っていないようですね。(写真5)


07_東禅寺今昔
写真6(長崎大学付属図書館データベースから拝借)

そして、こんな写真もありましたよ。(写真6)
”外国人の江戸散策”と呼ばれている写真で、どこで撮られたものかは諸説あるようなのですが、いくつかのネット情報によると、どうやらこの写真も東禅寺境内で撮られた可能性が高いということでした。
であれば、写真の外国人はイギリスの人ということになるんですかね。


08_東禅寺今昔
写真7

ちなみに現在の東禅寺境内の写真はこちらで、おそらく写真6と見比べてみても、やはり同じ場所である可能性が高いかなと。(写真7)
(断定はしませんけど。。)


09_東禅寺今昔
地図(グーグルマップより)

最後に現在の東禅寺界隈の地図なども。
今の山門の場所は、”港区役所高輪保育園”と地図の下のほうに書かれている場所あたりになるので、そのあたりから過去の写真と古地図を見ながら想像してもらえればなあということで、ここでは多くを語らず。

でも、最後にもうひとつ。
実は、この東禅寺、だいぶ前にこのブログで取り上げた霊南坂 (NO.117)と深い関係がありまして、霊南坂のページの最後のほうでもすこしふれているとおり、この東禅寺は元々、霊南坂の名前の由来にもなった嶺南和尚が開山した霊南庵が元々の起源で、場所も江戸時代のはじめは今の霊南坂のそばにあったものが、その後この地に移って東禅寺になったということみたいですね。



地図
東京都港区高輪3-16



追記2014/3/21:
写真5の東禅寺の三重塔のことですが、こちら、ある方にメールでご指摘いただいて(そのあと自分でも軽く調べてみたところ)、この三重塔は昭和になってからできた新しいもののようでした。失礼いたしました。(汗)またさらりと訂正してなにもなかったかのように更新というのもなんでしたので、修正前の文も残しておくことにしましたのであしからず。