今回もヒルズからです。

01_六本木ヒルズの消えた階段
写真1

いきなりの写真ですけけど、六本木ヒルズの最南端にあるさくら坂を歩いているとこんな風景に出会います。(写真1)
ちょうど坂上のグランドハイアットホテルのあたりからてくてくと坂を下っていると、ちょうど左にカーブしながら右手にはお寺もみえつつある場所を通り過ぎるとこのあたりにやってきます。

いちおう前置きしておきますけど、この写真みて、あ!あそこね。
と、思ったかた、かなりのマニア度高いかもですよ。
(ただここ、テレビ番組のブラタモリでもちらりと紹介された場所で、自著の階段本(東京の階段)でもこの場所を取り上げている松本さんがナビゲートされていたので、もしかしたら憶えている方もいるかもしれないですけど。)

とりあえず気にしなければ、道の途中にある小さな広場でその奥に樹が生い茂っている場所という感じです。
でもよくみると、写真中央あたりに階段らしきものが数段見えているんですよ。


02_六本木ヒルズの消えた階段
写真2

それで、奥に入ってみるとこんな感じでさらに奥へとずんずん上っていくへんな形状の階段がありました。(写真2)

03_六本木ヒルズの消えた階段
写真3

そして、2枚目の立ち位置から左側を見てみるとこんな感じで、どこかの庭か山道のような雑草のすきまをぬうような具合でちょっとした小道のようなものもありました(写真3)

見た感じでは想像しにくいのですが、ブラタモリで松本さんが言われていたことを思い出してみると、どうやらこの写真の右側にある階段には続きがあって、このあたりは階段でいう踊り場のあたりになり、かつてはここから奥にさらに階段があったということみたいです。
ただ今は、ヒルズの再開発に伴って地形ごとほじくり回されて、ここも、その階段が取り壊されたのか埋められて見えなくなってしまったのかわかりませんけど、とにかく今のような状態になってしまったというわけです。

04_六本木ヒルズの消えた階段
写真4

現存している階段をすこし上り、階段下を見てみたものです。(写真4)
奥にはいまのさくら坂も見えていたりします。

05_六本木ヒルズの消えた階段
写真5

そして階段は、ひとつ南側を東西に走っている道路とつながっていました。(写真5)
なのでかつては、このあたりから今のヒルズの中心あたりに向かって谷になっていたようですね。
ちなみにこの階段、今のグーグルマップにもちゃんと記載されていました。

06_昭和38のヒルズ界隈1
画像1

そんなわけで、ふとgooの古地図が見れるサイトにて、昭和38年の航空写真が見れることを思い出したので、ちょっと見比べてみることにしました。(画像1)
赤でうすくライン引いてあるのが、今回とりあげた階段のかつての位置です。
現在の地形から判断すると、南から北へと下るけっこう長めの階段だったのかもしれないですね。


07_昭和38のヒルズ界隈2
画像2

おまけです。(画像2)
現在の地図と重ねあわせた昭和38年の航空写真です。

なんだかこうして見比べてみると、ものすごい変りようですね。。

というわけで、今回はこんな感じです。

住所
港区六本木6