ブログネタ
路上探検 に参加中!
山手通り@246号1

これ見て、「ああ、ここね」と気がつくかたもいるかもしれませんが、タイトル通り、山手通りと246号(玉川通り)がちょうど交差している場所あたりのもので、以前から気になっていた場所ではあったんですけど、すこし前に、たまたまこのあたりを通った時に、せっかくだからと思い写真に撮っておいたものです。
大坂橋からの風景といったほうがわかりやすかもですね。

いちおう、一番下に見えている道路が、山手通りで、それに直交するように246号線が走っていて、その道路とつながっているのが、正面にみえている、グニューと曲がりながら上がっている小さなジャンクションみたいな立体交差の部分です。
なので、写真に写っているバスは、しばらく走ると、246号のほうに合流するということになりますかね。

なんというか、かなりおもしろい場所なのですが、カメラの視野の関係で、全景が撮れなかったので、ちょっとわかりにくいですけど、とにかく変わった立体交差の道路でしたよ。
この高低差はもちろん、それをつないでいる道路のつくりもなんともいえないかもです。

どこまでが地形で、どこまでが人工構造物なのかがはっきりとはわかりませんが、おそらく、バス走っているあたりが、崖になっているのだけど、無理やり造成して、そこに下から道路をもちあげてきて、地形と合体させたのかなあと思ったりもしますけど、実際のところはよくわかりません。。

しかも、よくよくじっと見ていると、人工スロープ道路(適当に名前つけてみました(笑))の下には、古ぼけたなんとも味のあるというか、ただただ古くて黄色というか黄土色の壁の小屋が見えていて、そこには窓がふたつも近接してついているみたいなんですけど、これってなんなんだろう?なんて思ったりして、ちょっと気になってしましました。(笑)

山手通り@246号2

そして、もう一枚。
一枚目より、もうすこし左にアングルをふって見たもので、この左側に246号が走っています。
ただ、ちょっと失敗したなあと思ったのは、正面に見えている階段からの立体交差の見え具合なんかも撮っておいたら、けっこうおもかったのになあなんて、思ってしまいましたよ。

なので、また機会があれば、いろいろ撮ってみようとは思ってますけど、例のごとく、いつになるかわかりません。。(笑)

地図
目黒区青葉台3あたり