ブログネタ
路上探検 に参加中!
所在地:渋谷区初台2

はつだい坂と呼ぶそうです。
場所は、坂上あたりは京王線初台駅からそれほど遠くない場所にあり、坂下は山手通りに面している坂道です。



初台坂(NO.179)1
坂下より

これは坂下から見たものです。
なんていうか、ここから見るぶんには、ちょっときついですかね(汗)。
別に整然としているのがいいとか、そういう問題でもなくて、なんというか右側の山手通りの工事中の荒れた風景もあわせて、なんだか写真映りは微妙かもですね。。
(とにかく、山手通りの風景は早くなんとかしてほしいなあなんて、思っている今日この頃ですが、それもいつになることやら。。)



初台坂(NO.179)2
坂の途中

ただ、坂道をすこし上ってくると、こんな感じでした。
このあたりまでくると、坂下の雰囲気がうそのように静かになり、左側に見えている大きな樹もなかなかいい感じで育っていました。
坂道自体は、ふつうに車どうしが十分すれ違えるくらいの道幅もあり、勾配具合もきつくもなくゆるくもなくといった感じでした。



初台坂(NO.179)3
坂の途中より2

そして、もうすこし坂道を上り、坂上のほうを眺めてみました。
途中から、坂道がゆるやかにカーブしだしていて、しばらくすると、こんな感じで、坂のむこうに東京オペラシティーの高層ビルが見えていましたよ。



初台坂(NO.179)4
坂上あたりより

最後は、坂上あたりから、坂下のほうを見たものです。
ここからだと、坂道のカーブ具合もわかりやすいんじゃないですかね。
しかも、このあたりまでくると、坂下からかなり歩いてきたこともあってか、ほんとうに坂下の雰囲気とは一変していて、閑静な住宅街といった具合で、坂の両サイドに高層マンションもほとんどみられず(あってもかなりバックしています)、ほんと空が広く見えていましたよ。


ちなみに、ここにはいつもの坂の牌はありませんでしたが、江戸東京坂道事典によると、
『地名や坂名の起源になった初台の局は、二代将軍秀忠に仕えた奥女中で、その墓は、彼女が開基した浄土真宗正春寺(代々木三丁目二十七番)の境内にある。』
とのことです。


地図
渋谷区初台2