ブログネタ
街写真 に参加中!
所在地:港区赤坂4


たんご坂と呼ぶそうです。
場所は、ちょっと入りくんだ場所にあるのですが、わかりやすい地点で言うと、赤坂サカス前から一ツ木通りを北へと向かい、さらにその通りから左折してすこしばかり西へ歩くと今回の坂下あたりにくる階段坂です。


丹後坂 (NO.138) 1
坂上あたりより

坂上あたりの様子ですが、ここから見える感じではなにも坂道が見えていないのでなんですが、今回は(上の説明とは違うのですが・・・)坂上のほうからテクテクと歩いてきたこともあり、このあたりにくると、なにやら木がたくさん茂っていて、おっ、なんか抜け道があるぞ、という感じでした。
あと、正面に見えている高層ビルは、ちょっとぱっと見た目ではわかりにくいですが、地図で確認してみると赤坂サカス内にあるBIZタワーのようでした。


丹後坂 (NO.138) 2
坂上より

ここから見ると、坂道というか階段が一望できたのですが、まあなんというか、こんな路地がたくさんある地域にこのようなきれく整備された階段が忽然とあったことには、なんだか不思議な気分になったかもです。
それにしても、高低差もかなりある階段ですね。


丹後坂 (NO.138) 3
坂の途中より

そいでもって、階段をゆっくりと下りつつ、その途中でなにげに見えたものです。
遠くにBIZタワーが見えるのですが、その手前に一般住宅の瓦屋根やらお寺の屋根などが見えたりしていて、そのあまりのコントラストが気になり、思わずぱちりと。。


丹後坂 (NO.138) 4
坂下より

そして、坂下まできてみました。
なんとも坂下にくるほど道幅が拡がっているというつくりになっていて、ここから撮るとなんとも絵になる階段といえるかもです。
しかも、真ん中の木もなかなかいい味だしているといえますし、この時期になると木に緑がたくさんついて、ほんと木が大きく感じてしまいますよ。(笑)


丹後坂 (NO.138) 5
坂下あたり

あと、これはおまけですが、ちょっと4枚目の写真の右側を見てみたのですが、となりの敷地にも緑がいっぱいあって、いい感じで住宅を覆っていて、その奥にはうまい具合に視線もぬけてビルが見えていたりと、階段の風景とあいまってなかなかいい感じでした。

ちなみに、ここには、いつものような坂の碑があり、『元禄(一六八八〜)初年に開かれたと推定される坂。その当時、東北側に米倉丹後守(西尾丹後守ともいう)の邸があった。』とありました。


追伸:だいぶ前にとりあげた”とある街の風景167(丹後坂かもしれない名もなき坂)”の丹後坂はこの坂のことですので、あしからず。




地図
港区赤坂4