ブログネタ
街写真 に参加中!
所在地:港区赤坂7


いなり坂とよぶそうで、別名で掃除坂ともいうそうです。
場所は、円通寺坂 (NO.134) の坂上のすぐそばというか、坂上とつながっている道路をすこしだけ北のほうへ歩き、その途中で南西へとぬける道をつらつらと道沿いに歩くと稲荷坂の坂上あたりへとつながる坂道です。


稲荷坂 (NO.135) 1
坂上より

坂上あたりのようすですが、もう坂道を下る前から、なかなかの急勾配具合が感じとれていましたが、坂道自体は車一台くらいが通れるかなという感じの道幅で、ちょうどこのあたりから遠景に東京ミッドタウンと六本木ヒルズが見えていました。
あと、右側のマンションもいい具合に、上にいくほど、道路に対してセットバックしていたので、すこしだけ空もひろく感じれたかもです。


稲荷坂 (NO.135) 2
坂の途中より

こんどは、すこし坂道を下り、坂上のほうを眺めたものですが、ここからみると、かなりの急勾配な坂道というのがわかりやすいんじゃないですかね。
しかも、道自体がカーブしていたので歩くたびに景色が変化してくれて、なかなかよかったです。


稲荷坂 (NO.135) 3
坂の途中より2

そして、だいたい同じ立ち位置から、坂下をみたものですが、やはり、けっこうな勾配の坂道でうまいぐあいに坂下まで一直線の道になっていたこともあってか、遠景にみえる街の景色が以外と印象的でした。


稲荷坂 (NO.135) 4
坂下より

そんな感じで、坂下まできてしまいましたが、こうしてみてみると、2階か3階分くらいの高さを一気に下ってきていたのだなあと。
でも、そのわりには、道の舗装が赤茶色のざらざらしたもので、いつもの急勾配の坂道には定番のドーナツ型のすべり止め舗装ではないので、実はそんなには傾斜のない道なのかたまたまだったのか、よくわかりませんが、そのあたりはちょっと気になったりはしました。
あと、やっぱりここから見ていちばん気になるといえば、なんといっても正面にぽつねんと一本だけある立派な木(それにしても、うまく育っていますね〜)かもしれませんが・・・。
(それと坂道の左側にある幅のせまい歩道ですかね。電柱にじゃまをされてあんまり意味をなしていないような気が。。でもまあこんな感じのところはさがせばけっこうありそうなので、いちおうカッコ書きということで。)

ちなみに、ここには、写真でも見えていますが、いつもの坂の碑があり、
『坂下北側に円通院があり、その境内の稲荷への門があったための坂名。坂上に江戸城中清掃役の町があり掃除坂ともいう。』
とありました。




地図
港区赤坂7