ブログネタ
街写真 に参加中!
去年に引き続き、クリスマスに教会に行ってしまいましたよ。


カテドラル01

写真を見てわかったかたもいるかもしれませんが、東京カテドラル聖マリア大聖堂という文京区にある教会です。

今回は、クリスマスの日をわざわざねらって行ってみましたが(汗)、いざ行ってみると思ってたより人がいましたよ。(当たり前ですね・・。)
去年、同じように行ったことで、今年はかなり気分てきに楽に足を運ぶことができましたが、やはり聖堂内に入ると、まわりのクリスマスモードの楽しげな雰囲気とは、一味ちがい、厳粛な気持ちとともに安堵感と世の中の平和を祈りたい気持ちがふつふつとわいてきてしまいました。。(汗)
ただ、この大聖堂のすぐ横に、かの有名なフォーシーズンズホテル椿山荘があるためか、地元の方以外にも、僕のようにクリスチャンではない方々でなんとなく足を運んできてみたという感じのかたやアジア系の観光旅行者の方たちもけっこうみられましたよ。


カテドラル02

なんとなく、建物の写真を見て変わった概観であることからも、うすうす気づいたかたもいるとは思いますが、今回も、実はこの教会の建物自体にも興味があり、今回のような家から遠めの場所にある教会にもかかわらず来てみたというわけなんですよ。
なので、なにげに言ってしまうとですね、一枚目の写真で、これを上からグーグルアースで見るように(あとで航空写真でみてもらえるとわかるかもしれませんが)上からみると、この建物は十字架のような形をしていて、ものすごく変わった建物であり、専門家の方がみても「斬新なデザインだ〜」と言わせてしまうほどの建物だったりするんですよ。。
(それがいいか悪いかは別としてですね・・。(笑))

そして、なんといってもこの建物を設計したのが、東京都庁や代々木体育館、お台場のフジテレビの建物などを設計した丹下健三氏というのも、なかなか知るひとぞ知る建物であり教会だったりします。
また、そんなこともあり、内部の聖堂部分もかなり変わったデザインというかいろんな意味で考えさせられるつくりになっているのですが、今回は聖堂内での撮影が禁止されていたので撮れませんでした。(残念・・ただ、HPに聖堂内をQuiktimeプレイヤーでバーチャル見学できるページがありましたよ。)
でも、今回のようなクリスマスミサのおかげで、ふつうでは考えられないような人数のなかでのオルガン演奏や合唱を聴けたのはすごくよかったかもです。

あと、最後にこの教会なのですが、来年1月から大規模な改修工事がはじまるらしいです。
どうも、この教会は、1964年にできた建物であるため老朽化のせいもあるらしいのですが、それとあわせて、あまりにも斬新なデザインだったため、当時の技術者の方々でも対応できなかったためか初期のころから雨漏りなどの問題があったためらしいですよ。
そのため、屋根の部分も今の形とはすこしかわるらしいです。
(場内にあったパンフレットに書いてありました。)

ということで、場内をぶらりとした後、かなり満足して帰ってしまい、ふと帰ってから気づいたのですがこの時期らしい写真を撮り忘れてしまいましたが、そのあたりはご勘弁くださいね。。



地図
文京区関口3