ブログネタ
街写真 に参加中!
所在地:文京区小日向4


「しゃかざか」と読みます。

釈迦坂_坂上
坂上あたり

この坂は、前にとりあげた富士見坂のすぐ近くというかとなりと言っていい場所にあります。
名前がすごいたいそうですね。(笑)

このあたりの道は入りくんでいるみたいで、道の高低差もいろいろあったり、丸ノ内の線路で分断されていたりと、坂の看板がなかったらわからなかったかもしれませんでしたよ。

ということで、坂の看板というか由来が記された看板には、

『春日通りから, 徳雲寺の脇を 茗荷谷に下る坂である。
「御府内備考」によれば, 「坂の高さ, およそ1丈5尺(約4m50cm)ほど, 幅6尺(約1m80cm)ほど, 里俗に 釈迦坂 と唱申候。 是れ徳雲寺に釈迦の石像ありて, ここより見ゆるに因り, 坂名とするなり。」
徳雲寺は 臨済宗円覚寺派で, 寛永7年(1630)に開山された。『新撰江戸志』に寺伝に関する記事がある。
境内に 大木の椎の木があった。 元禄年間(1688〜1704) 5代将軍綱吉が, このあたりへ御成のとき, 椎木寺なり と台命があった。そこで, この寺を 椎木寺 と呼ぶようになった。後, この椎の木は火災で焼けてしまったが, 根株から芽が出て, 大木に成長した。
明治時代になり, その椎の木は枯れてしまった。椎木寺が椎の木を失ったことは 惜しいことである。徳雲寺の境内には六角堂があり, 弁財天が祀られ, 近年小石川七福神の一寺になっている。 』

とありました。

釈迦坂_坂途中
坂の途中

なにも知らずに歩くとただの勾配のある抜け道みたいに感じてしまうほど普通でした。(笑)

ただ丸ノ内線やお寺が坂上の高さにあるためか坂下から坂の途中までは、崖(自然の塀とでもいいますか・・・)のようなものに囲われた感のある坂道だなあという感じでしたかな。

釈迦坂_坂下
坂下より




地図
文京区小日向4